食の好みが合わない彼氏との未来は考えられる?

カップル

 

食事の場は大切なコミュニケーションの時間。

彼氏と楽しい食事デートの際、

「せっかくの機会なのに行きたいお店と違うところに連れて行かれちゃった…」

「食べたいものが合わなかった」

「自分の好きな食べものが実は彼氏の苦手な食べものだと判明してしまって悲しい…」

食に関するそんな経験はありせんか?

それが数回ならまだいいのですが、毎回違和感を感じているとなると、この人とこのまま将来を共にしていけるのか不安になってきますよね。

そこで今回はその解決策をご紹介します。

 

スポンサーリンク

食の好き嫌いが合わない

誰でも大なり小なり好き嫌いはあるかと思います。

でも、好きなもの・嫌いなものがそれぞれあって、

「私はピザが好きだけど、彼は嫌い」

「彼はお寿司が好きだけど、私は嫌い」

など、好き嫌いがすれ違ってしまうとなかなか辛いものがあります…

 

どうしたらこの問題は解決するのでしょうか。

早速見ていきましょう!

お互いの努力

自分も、彼もお互いに嫌いなものを克服できるよう努力をするのが一番です。

また、自分の好きな食べものの美味しさを伝えれば、コミュニケーションにもなり一石二鳥ですね♪

しかし、もし、何らかの食物アレルギーでしたらそこは無理をせずに正直に彼に伝えましょう。

 

マキ
マキ

当たり前かもしれないけれど、お互いに愛があるからこそ、乗り越えようと努力することが大切ね。

これは食の好みだけではなくて、色々なことに言えるわね。

きこ
きこ

「愛は勝つ 」ですね!

我慢せず別々のものを食べる

今は個の時代で、ファミレスやコンビニなどで様々なジャンルの食事の選択肢があります。

好きなものを各々食べると割り切って決めてしまえば、いらないストレスを溜める必要もなく、未来をあれこれ心配する必要もありません。

 

きこ
きこ

確かに、割り切ってお互いの好きなものを食べるっていうのも、現代っぽいですね。

うーん、割り切るのか、お互いに努力して嫌いなものを克服するのか…カップルによって考え方が違いそう。

マキ
マキ

もちろん、我慢せずにお互いが食べたいものを食べる方がハッピーなら、それも全然ありだと思うわ。

楽しく付き合うためには、こういう割り切りも必要だったりするのよね。

食の価値観が合わない

食にお金をかけるかどうかは、人の価値観の違いです。

これがバッチリ最初から合えば最高なのですが、違うこともしばしば…

また、食事メニューの選択も価値観です。

食の価値観が合わない場合、どうしたら良いのでしょうか?

 

話し合って譲り合う

グルメな彼に高すぎるレストランを毎回提案され、お会計は割り勘…

食にあまり興味のない彼はいつも同じようなファストフード…

彼がどれだけ好きでも、こういうことが続くとツラくなってしまいますよね。

こういったことは、言葉でコミュニケーションを取り、自分の気持ちを素直に伝えるのが一番でしょう。

私はこうしたい!あなたは?と伝え、価値観をすり合わせて行くことが大切です。

 

 

マキ
マキ

具体的に食事を選ぶタイミングになったら、例えば、

  • 今回は彼氏の好きなものを食べるようにする(例:ハンバーグを食べよう)
  • 次回は自分の好きなものを食べるようにする(例:今日はヘルシーに野菜中心だね)

などなど、交互に譲り合ったりすると、お互いに気持ちを満たし合うことができるわ。

 

片方が我慢し続けるのは、必ずといっていいほど不満が溜まってしまうため、偏らないようバランスよく、譲り合いのルールを二人で決めておくことできっと解消できるはずです。

 

きこ
きこ

違う人間同士だからこそ、違いを認め合って、お互いに満たし合える関係っていいですね…

食の味付けの感覚が違う

濃い味付けが好き、薄い味付けが好きというのは育ってきた環境要因が大きいと言われています。

『おふくろの味』とも言うように、長年慣れ親しんできた味付けが変わると抵抗感があるのは仕方のないことです。

二人が美味しいと思える味付けを探すにはどうしたら良いのでしょうか?

自炊

外食ではなく自炊をしてお家ご飯をしてみましょう。

人の味覚はこれもまた環境で変わっていくものです。

自分で作ることによって、今日の味付けがどうだったかコミュニケーションをとることができます。

そうして自分の味付けと彼の味付け、お互いの好みを擦り合わせ、二人にとってベストな味付けになっていくはず。

その結果、一緒にご飯を食べる時間がいつもにも増して心地よいものになるはずです。

 

きこ
きこ

話は逸れるけどさ、味云々じゃなくて、作ってもらった行為や食事に感謝できない彼氏はそもそも論外だよね。

 

マキ
マキ

(きこちゃん、過去に何があったのかしら…汗)

 

まとめ

食の好みが合っているに越したことはありませんが、例え合わない部分が合ってもお互いが相手を尊重し、思いやる気持ちがあれば必ず乗り越えられる問題だと思います。

食事は、毎日の大切な行為です。

 

マキ
マキ

問題点はしっかり話し合ってお互いの理解を深め、工夫をしながら彼との楽しいひとときを皆様どうか過ごせますように。

 

タイトルとURLをコピーしました